日本に餓死は存在する?

日本は先進国と言われ、生活保護などのセーフティネットもあるため、一見、生活困窮の程度にも限度があるように思えます。

しかし、厚労省の人口動態調査には「食糧の不足」という死因が存在し、2019年は23人いたとされております。

これは、日本のセーフティネットが未だ完全ではないことを示している数値的な証拠として捉えることもできます。

実際2012年には、行政の窓口へ相談に来ていたにも関わらず、適切な対応を受けられず、餓死してしまった北海道在住の40代姉妹が衝撃的なニュースとなりました。

最近も、大阪で餓死事件があったと報道されています。

コロナ禍の被害が広がる中、充実したセーフティネットの必要性は、より一層高まっていると思われます。
今一度、日本のセーフティネットの問題点を見つめ直し、その穴を埋めるための行動を社会全体として起こす必要があるのではないでしょうか。

私たちRenovate Japanも民間の立場から出来ることを考え、頑張っていきたいと思います。

*参考*
厚生労働省 2019年人口動態統計(確定数)の概況 https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei19/index.html
朝日新聞デジタル「マンションに女性2人の遺体、母娘で餓死か」https://www.asahi.com/articles/ASNDH6RQ6NDHPTIL023.html