外国人の入居拒否問題

法務省の調査によると、日本に住む外国人の約4割が外国籍であることを理由に入居を断られた経験があるということです。

この背景には、外国人であるだけでマナーが悪いと決めつけるというような差別・偏見の問題があります。

私たちは、改修が終わった物件を誰もが尊重されるセーフスペース(心理的に安全な場所)として運営することで、この問題にもアプローチしていきたいと考えています。

*参考*
法務省 http://www.moj.go.jp/content/001226182.pdf